【サッカー】「すごい!」久保建英が右足で今季2点目となる鮮やかな同点弾!1G1Aで全3ゴールに絡むも試合は3-3のドロー

1 :豆次郎 ★ 2020/02/22(土) 06:56:26.31 ID:8gOKlXJK9

SOCCER DIGEST Web2/22(土) 6:53配信
「すごい!」久保建英が右足で今季2点目となる鮮やかな同点弾!1G1Aで全3ゴールに絡むも試合は3-3のドロー

2月22日に開催されたラ・リーガ第25節で、久保建英が所属するマジョルカがベティスと対戦。久保は4-2-3-1の右サイドハーフで6試合ぶりの先発出場となった。

試合は序盤から激しく動く。16分に右サイドでパスを受けた久保がカットインからシュート。敵MFカルバリョにリフレクトしたボールをクチョが振り抜き、強烈な一撃を叩き込んで先制ゴールを奪う。

19分に左SBクトリスがフェキルを倒して与えたPKをカナレスに決められ、すぐに追いつかれたマジョルカは27分、クチョのヒールパスを受けて左サイドを抉った久保が絶妙の折り返し。これを主砲ブディミルが巧みな反転からゴールにねじ込み、勝ち越しに成功する。日本代表MFはこれが今季3アシスト目となった。

しかし35分、今度はクトリスと交代で出場したガメスが、またしてもエリア内でフェキルを倒してしまい、PKを献上。これをフェキルに決められ2-2に追いつかれると、後半開始早々の48分にカウンターからホアキンにゴラッソを叩き込まれ、逆転を許す。

しかし70分、またしても26番が魅せる。中央でボールを受けると、対峙したマーカーを1枚かわして右足を一閃。敵DFの股間を受けたシュートがGKの手を弾いてゴールに吸い込まれた。

久保の今シーズン2点目で振り出しに戻したマジョルカは、終盤にベティスに押し込まれたのの、試合はこのまま3-3で終了。苦手の敵地で勝点1を持ち帰っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200222-00070043-sdigestw-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200222-00070043-sdigestw-000-5-view.jpg

2 :名無しさん@恐縮です 2020/02/22(土) 06:57:24.26 ID:0iZwIaRw0

1ゴール1アシスト1ほぼアシストで全得点に絡む活躍
なおマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »